本日は、
フリーランスや起業をし始めた方のお悩みを解消していくために
・お金や会計のこと、
・仕事効率を上げるための裏技
・知っていると便利なこと

などなど紹介していく企画!

聞きたい事やリクエストもお待ちしてます💛

お仕事スタイル研究家のわたなべかおりです。
自分らしく働きたい女性のための
時間管理・目標設定・ブランディング集客のサポート中

LINE登録にて自分にあった働き方診断もプレゼント中💎

 

 

フリーランスになってまず悩むのが会計業務。

会社員だと経理担当がやってくれてたことを自分で全部やるので
細かい作業やルールが多く慣れないうちは特に気が重い・・・。

とはいえ、そのまま放置していると確定申告で大変なことに(汗

フリーランスになったらぜひ早めに「会計ソフト」の導入を!

今日は会計ソフト「クラウド型」「インストール型」どちらがいいの?
についてお話していきますね。

クラウド派?インストール派?
まず最初に決めるべきなのが、

・クラウド上にデータを保存していくクラウド型
・自分のPCにダウンロードするインストール型

このどちらを使っていくかということ。

どちらにもメリットデメリットがあるので、
自分にはどちらが向いているかよく考えてみてくださいね♪

<クラウド型>

データの保存場所がクラウド上(外部のサーバーなど)になるため、
会計ソフトを使用するときはインターネット環境が必要になります。
月額制のものがほとんどです。

『クラウド型ソフト』のメリット

  • 複数の端末から使える(PC・タブレット・スマホなど)
  • 自動でバージョンアップされる
  • 口座やカードの自動連携ができる(仕訳の効率化)

『クラウド型ソフト』のデメリット

  • インターネット環境がある場所でしか使えない
  • 月額料金がかかる
  • ネット環境により操作が重い時がある

<インストール型>

自分のパソコンにインストールして使うため、
一度購入すればずっと使える買い切りタイプになります。

『インストール型ソフト』のメリット

  • オフラインでも使える
  • クラウド型に比べると操作が軽め
  • 買い切り方なので長く使えば費用を抑えられる

『インストール型ソフト』のデメリット

  • バージョンアップが必要
  • 1つの端末でしか操作ができない
  • バックアップを取る必要がある

どちらも一長一短あって決められない・・・
そんなあなたには「クラウド型」をオススメします!

クラウド型のススメ

では、クラウド型オススメの理由をお話していきますね。

理由その①
クレジットカードや銀行口座との自動連携機能があるので
入力時間の削減&仕訳の間違いが少なくなる!

本業で忙しい中少しでも会計処理に割く時間は
効率化したいもの。

あとから「ん?数字があわない?」ってあわてないためにも
自動連携機能をうまく使いこなしましょう。

理由その②
アップデート不要!

税率変更や法改正などに対応するために
必要なアップデートはシステム側で勝手にやってくれます。

細かなことを気にせず会計処理に集中できるのは
ありがたいですね。

理由その③
乗り換えが簡単!

各社特徴があるためそのシステムを使うかによって
操作のしやすさが変わってきます。

使っていく中で「ここ使いづらいな?」と感じた時に
他社システムを調べると欲しかった機能が搭載されていることも。

操作性、機能面、料金体系など
いくら最初に調べたとはいえ使っていく中で
自分と相性がいいシステムが変わることもあります。

そんなとき買い切り方でそこそこの出費をしていると
せっかくだしもう少し使おうかなと悩みがち。

気兼ねなくサクッと自分に合ったシステムへ
移行できるのは月額制の大きな強みです。

理由その④
情報量が多い!

なんといってもこれが最大の理由かも知れません。

時代の流れかクラウド型を使う人が増えており
困ったときにネットで調べてヒットする情報量が
圧倒的に多いです。

経理経験者なら別ですが、
会計知識があまりない初心者さんは困ったときに
すぐに調べられる・誰かに聞ける環境は貴重です。

というわけで・・・

迷ったら「クラウド型」を
一度使ってみることをオススメします♪

それでも「インストール型」がいい!って感じたら
そのとき切り替えすれば大丈夫ですよ。

次回は、会計ソフト「クラウド型」なら何がオススメ?
についてお話していきますね!

 

 

 

 

 

 

◆出来るオトナに近づく習慣 No349

会計知識がないならクラウド一択!
年収1000万くらいまではカバーできちゃう