炎上覚悟!主婦起業の理想と現実【ママ起業で失敗する人の3つのパターン】

本日はママが起業するとみなさんぶち当たる
あの壁について話していきます。
あくまで私個人の意見として読んでいただけたら…

お仕事スタイル研究家のわたなべかおりです。
自分らしく働きたい女性のための
時間管理・目標設定・ブランディング集客のサポート中

 

人気の有料の講座をそのままメール化した
自分らしさの見つけ方 無料メール講座はこちら

LINE登録にて自分にあった働き方診断もプレゼント中💎

音声で聞きたい方はこちら
スタンドFM配信中

働き方に悩んでいる方・迷っている方は是非、働き方診断
自分らしく働ける方法についてチェックしてみてください

提供中のメニューはこちら

 

 

 

起業家ママさんの中には

「好きなことを仕事に!」
「キラキラ系な自撮りやホテルでのお茶会」などとありますが、、、、

現実は

「果たして本当に上手くいっているの?」、

「本当にキラキラしているの?」と気になりますよね。

今回は炎上覚悟で起業しているママの実態についてご紹介していきます。

具体的には、

  • 起業したママたちの実態
  • 起業家ママの失敗パータン3選

の順番でご紹介してます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

目次

この記事を書いている人

ちなみに、このブログが初めてという方に補足説明
私(わたなべかおり)は

2009年に産後の職場復帰に失敗した経験から、
女性の働き方にもっと自由を!!!と思い、
ママのためのイベント企画からはじまり、

自分らしく働きたい方のために、
ブランディングや、コンサル業、講師業だけでなく、
マーケティングの支援、体質改善サロンの運営、
イベント開催、アクセサリー販売などをこなしながら
田舎に暮らす1児の母

2021年に行った自分働き方改革(シエスタ制度)のおかげで
それまでの労働時間平均70時間を
収入を下げることなく、半分以下の30時間程度に抑えることに成功◎

シエスタ制度についてはこちら

2009年から女性の働き方の向上のために活動するだけではなく、
2020年にはちゃんと研究しようと思い、大学院に通い、働き方の研究をしてきました。
その中で気付いたこと・社会に対して思うこと・自分らしく働くための方法について発信しています。

 

起業したママたちの実態

 

キラキラして見えるママ起業家さんですが、
実は旦那のサポートなしでも自立している方ははとてもすくないのが現状です。

 

 

 

 

 

個人事業としてスタートして、年間所得が100万円以下の方が約70%で、
利益は「マイナスかほとんど0円」の人がほとんどになります。

 

さらに、実際に利益を出して生活できている人は、
100人中3~4人というデータもあります。

 

巷では、「携帯一本で月100万円が稼げるツール」
「主婦でも在宅でできるネットビジネス」などネット上で
様々なビジネスツール、セミナー、ノウハウが飛び交っています。

 

もっと稼げる人が続出してもいいのでは?と思いますが、
結局そのツールを使っても、成功する割合は3~4%だけ。

「ラクに稼げる=何もしなくていい」

勘違いしている人も多いので、気を付けるようにしましょう。

 

しっかり、稼ぐようにするためにはビジネスの本質を理解する必要があります。
反対に理解できていなければ、どんなツールを使っても稼げるようになりません。

 

失敗するママ起業家のパターン3選

 

続いて、失敗するママ起業家のパターンについて紹介していきます。

 

1.商材が高額すぎる

 

商材が高額すぎると、売るのは難しくなります。
どんなに良いランディングページで読者を魅了しても
価格というハードルを越えるのは簡単なことではありません。

無料体験などのハードルを下げて売り方を考える必要があります。

2.自撮りばかりあげている

 

自撮りを上げることは、安心や認知されるために必要なことですが、
それが商品と全然関係ないのであれば
顧客に不快感を与えてしまう可能性もあります。

自分を売り出すのに意図的にやることもあるかもしれませんが、
目的がズレてしまう自撮りは反対に失敗してしまいます。

見る側のことを考慮して、うまく表現する必要があるというわけですね。

3.年収ではなく、月収を強調

 

年収ではなく、月収を強調している特徴があります。
一発屋に多いこの表記です。

月収100万!と書いてあるととっても興味を惹かれますが、
一度稼いだことがある事と、毎月コンスタントにお給料が入る事とは収入の質が全然違います。

 

月収100万!私自身もこのフレーズを使っていた時期がほんのちょびっとだけあります。
(そういうデザイナーさんに名刺をお願いしてしまった黒歴史もあります。)

本質よりもうわべを大事におする方々をお客さんにしたい場合は有効ですが、
長続きせずに一発屋で終わってしまうこともありますね。

他にも失敗する要素についてこちらにも書きました。

フリーランスで失敗する人の特徴5選【起業初心者向けコラム記事】

 

 

 

まとめ

 

本当に実業家になっていく道と、
3年以内にいなくなってしまう起業家の道との溝はとても深いのが現状

起業家ではなく事業家になるためには流行りのやり方だけではなく
自分に合った働き方・売り方・発信方法を選んでいく必要があります。

それぞれに合った方法について相談も受けていますが、
もっと簡単に見直してもらうために、

自分に合った働き方を見つけるための
診断ツールが完成しました。

こちらから無料で診断していただけます。
https://lin.ee/yLV58ZS

 

 

今まで1000人以上の働き方の相談に乗ってきて分かった
自分に合った働き方は何なのか?
そこに近づくためには何が必要か?
についても紹介しています。

私が起業した時は、
女性の働く選択肢は、
復職するか、パートに出るか
子供が小さいうちは仕事を諦めるか?の
3択が標準でした。

しかし、起業やフリーランスという働き方が
第3の選択肢になってきたように思います。

起業がすべてを解決するわけではなくて、
パートでもやりがいをもって働けたら幸せだし、
会社にいるときにしか出来ない事だってあります。

自分に合った働き方を見つける事で、
女性の働き方の選択肢がもっともっと広がるのではないでしょうか?

そんな風に自分の可能性を広げていきたい方を応援したくて活動しています。

 

 

起業を失敗したくない方にオススメの記事はこちら

失敗しない起業!起業塾・セミナー・コンサルで伸びる人・変われない人の特徴

起業に向いている人とは??

収入が倍になれば幸せは倍になるのか??女性の働きがい改革【お仕事スタイル調査】

 

 

 

 

わたなべ かおり
お仕事スタイル研究家
息子が2歳の時に仕事に復帰するも半年で挫折したのをキッカケにに、自分らしく働くことに目覚めて働きたいママのための団体を発足。 自分らしく働きながらゆとりを作るために1000冊以上の本を読み、100種以上のセミナーに参加して一万時間以上の投資をして、時間管理・優先順位の見える化・目標達成術を身に着けてきた。 それらの知見を講座化・仕組み化する事で1000人以上の自分らしく働きたい女性の相談を受けている。

実績 取材本 学研AENE掲載、奈良テレビ放送「ゆうドキ!」出演、 ラジオ多数出演、新聞やメディアには60社以上掲載されました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次