よっしゃーーーと、気合を入れたい月曜日
モチベーションアップのための記事を書いていきます。
元々、モチベーションに振り回されっぱなしの私がどんな風にモチベーションを保つ工夫を仕組化しているかお話します。

お仕事スタイル研究家のわたなべかおりです。
自分らしく働きたい女性のための
時間管理・目標設定・ブランディング集客のサポート中

LINE登録にて自分にあった働き方診断もプレゼント中💎

 

 

 

少し前のこの記事で

テレワーク・リモートワークのデメリット【長時間労働から抜け出す働き方改革】

長時間労働のヤバさを知り、
シエスタ制度を導入するなどして

 

苦手なことは外注していて
好きなことしかしていないつもりが
気付いたら70時間働いてた

仕事大好き人間
一人ブラック企業の私が
週40時間の勤務を目指して
いい休日の過ごし方と、
売り上げを下げない仕組化仕事術を
見つけていく感動?シリーズである。

 

これまでのシリーズはこちら

長時間労働を脱却できたコスト0の1番カンタンな方法とは??

仕事が加速する休日の過ごし方【月曜モチベーションアップ記事】

 

一人ブラック企業から脱却!心が満たされるいい休日の過ごし方【シエスタ導入その3】

 

前回までの話で
70時間→50時間→43時間→33時間
まで減らしちゃったよ。という話を書いてきました。

流石に先々週はお盆だったのでカウントしませんが、
金土日月まるっと休んだので多分25時間くらい。

先週は、お盆明けという事もあって
火曜から金曜はみっちり働いて

半休は土曜と水曜しか取れなかったから
もっと忙しい気がしていたけど
よくよく見たら40時間くらいしか働いてなかった。

70時間以上が当たり前だったのに
休む時間を意識しただけでえらい違い!!!


で、
気になるのは

休んだら仕事出来る時間少なくなるから
収入も減るんじゃないの????

というところ。

 

しかし、先月は前年+120%くらい

今月は来月支払いの契約がいくつかあるので
数字的には90%くらいだけど
来月か再来月が150%くらい上がるから

成果としては今までよりも
うまくいっているといっても嘘ではないと思う。

 

なにより堂々と休んでいいし、
毎日のシエスタをどうやりくりするか?
何をして過ごすか?毎日考えるようになっている。

具体的には、

マッサージなどのメンテンンスや、
筋トレ、ヨガなどの運動する時間、

あとは銀行行くついでに、
ゆっくりデパ地下で買い物する時間とか
服を見に行く時間とか、
フランフラン見に行く時間とかの
ファッションの時間

そして、
映画を観たり
本を読んだり、漫画を見たり
携帯のパズルゲーム(これはまた語りたい!)
したりする趣味の時間

などなど
健全で人間的な時間が過ごせている。

 

漫画なんて今週だけで
40巻くらい読んじゃった。
(これはただ単にハマりすぎなだけ)

もう少し涼しくなったらまた
ランニングやウォーキングとかもしたいと思うくらい
なんか爽やかに生きている。

そんな感じで労働時間が約半分になって
自分を満たす時間を増やしているのに

お給料あんまり変わらないって
もう謎過ぎる!

労働時間が半分になったのに
収入120%UPとかもう、
どこの怪しい広告って話なんだけど、

 

 

 

何をしたかは、これからもシリーズで
書いていきますが、

最大のポイントは

自分でしかできない仕事に注力するために
自分にしかできない仕事しかしないと決めた事。

 

そのために具体的には、
事務局さんに入ってもらい始めた事や、

やりたいと思っていたけど
なかなか進まなかったことを
もっと外注するようにしたこと。

↓コレとかは完全にやりたいけど
どうしよう…で2か月くらい止まっていたけど

LINE登録限定プレゼント!!あなたに合った働き方診断

診断のルートを相談したり、
LINEのシステムを依頼したり、
ステップメールの土台を作ってもらう事とか
分担して仕事を依頼することで
自分だけでは進まなかった作業を仕上げることが出来たり、

あとは、

何回も説明する事になりそうな手順や説明は
全部、説明動画を作って渡すようにマニュアル化したり、

徹底的に自分にしかできない仕事である

・考える事
・接客する事
・講座をすること
・ブログを書くこと
・自分と顧客の事業計画を考える事

に時間を費やす意識を高めた。

接客すらも
動画とかメールとか記事とかで
かなり労働時間を減らしている。

(これは多くのサロンにとって便利だから
フランチャイズ化やツールの提供しようと思ってるので
お楽しみに♪)

もちろん
休み時間を考える!
というのも
自分にしかできない仕事の一つである。

外注化や、マニュアル化は
元々いろんなことをしていたし、
自分でもやっていたつもりであったんだけど

時間を区切っていなかった為、
時間あるなら自分がやろう。

みたいな感じになってしまっていて
マニュアル化出来るところを見落としていたし、
本気で工夫もしようと思っていなかったんだと思う。

時間が短くなったら、
作業できる時間が減るから
手放すか?マニュアル化するか?の
2択を常に考えるようになって

初めて脳に指令が行きだしたのかもしれない。

作業時間を決める事によって得られる
最大のメリットは
工夫が出来るようになることであると思う。

工夫してきたことに関しては、
また書いていきます!

 

◆出来るオトナに近づく習慣 No263

作業時間を半分にする一番の秘訣は

自分でしかできない仕事に
注力するために
自分にしかできない仕事しか
しないと決めた事である。