今回は過去記事から

 

 

こちらにも書いたのですが、

元々の能力や生命力は女性の方が高いと言われています。

 

そりゃあ、子供産んだりするから当たり前だよねって思うのですが

だからといって世の中、女性の方が活躍しているとは必ずしも言い難い。

 

それは日本が女性の社会的地位が世界でも最下位に近いから?

(詳しくはジェンダーギャップを見てね)

 

とかだけの問題ではなく

ホルモンによるモチベーションの問題もかなり大きいと聞いたことがあります。

 

だから、

 

料理界やお菓子業界など本来女性の参加率が多いはずである業界でも

トップの料理人、パティシエなどは男性が多い…

 

もちろん男性社会である政治家や会社のトップに立つのは男性はがり…

結婚したり、子供を産んだり…があるのを考慮しても男性ばかり…

になってしまっています。

 

もちろん自分をコントロールしていてなりたい自分になれている女性もいますし、

最近はモヤシ男子も多いので一概には言えませんが、

大抵の女性は自分の事なのに周りの環境やモチベーションに振り回されています。

 

 

そこでおススメは、

モチベーションを下がらない工夫をすること!!!!

 

 

 

この法則に気付いてから ホルモンの影響を受けやすい時期も

快適に仕事が出来るようになったし、

無駄に自分を傷つけなくなったので

自己肯定感がさらに高まったのは間違いありません。

 

 

特に感受性の強い方には是非試していただきたい!

 

では、下がらないために何をするのか???

 

 

その1

・気分が乗っているときに環境を整える事。

 

こちらの記事にも書いていますが、

 

自分の状態がいい時に

モチベーションに振り回されてもいいような

対策を取っておくと

自分をいい状態に保てる

 

という事。

 

私の場合は、

モチベーションが高い状態の時に

 

計画立案してタスクまで考えて

出来たら手帳に書き込む事。

 

で、あとは考えなくても出来るようになるレベルまで

細かく作業化しておきます。

 

その2 ストレスがたまる前にストレスを癒す

 

ストレスがたまる前にストレスを癒すことをすることで

やる気をなくす原因をなくしてしまおう作戦

 

休日の作り方【日曜ゆる記事】


https://kirakiramamanokai.com/7607.html

 

やろうと思っているのに体が動かない。

やる気を出すまでに時間がかかる

 

そんな人は小さなストレスが溜まっている状態なのかも。

 

 

こちらの記事でも書いていますが、ストレス解消のために

心と体のためにマッサージなどを定期的に受ける事や、

アロマやハーブなどの香りの力を取り入れる事(うちのサロンの体質改善はこの方法)

朝のコーヒーとか

お気に入りの紅茶とか

 

お風呂に浸かる事とか

ヨガや運動の時間とか

お気に入りのお店に行く事

 

などなど数えだしたらきりがない位

 

自分を幸せにしてくれるもの

自分を癒すための方法は多ければ多いほど

自分のモチベーションを高く保てます。

 

 

 

 

 

その3 ご褒美メソッドで自分を満たす

ご褒美メソッドも使いこなすとここに入ります。

 

講座内容よりもゴールセッティングに特化した

リニューアルしたご褒美メソッドについてはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などが挙げられます。

 

 

こちらも具体的に個々に落とし込みたいので

講座したいなーーーーっと思ってます。

 

 

 

 

やりたいことがどんどん増えますね

 

 

 

 

 

◆出来るオトナに近づく習慣No157

 

自分自身をコントロールするには

ストレスをためない工夫を習慣化するに限る

 

 

毎日12時までに更新中

自分らしく輝きたいママに役立つ記事をupします

 

 

 

 

 

現在募集中の企画

 

ご褒美を活用して自信を身につけて

どんどん目標達成出来る自分になる

ご褒美メソッド

 

 

 

 

 

 

24時間を30時間にする

理想の時間作り講座

 

 

 

現在募集中

 

 

 

 

時間とモチベーションを味方につけて
2021年飛躍したい方のオンラインコミュニティ

お仕事スタイル研究会

https://kirakiramamanokai.com/?p=7336

 

 

 

現在募集中

 

 

 

 

Instagramも気まぐれ配信中♡