【ゆる記事】○○された時にわかる!一流の人 三流の人の違い

 

お仕事スタイル研究家のわたなべかおりです。
自分らしく働きたい女性のための
時間管理・目標設定・ブランディング集客のサポート中

人気の有料の講座をそのままメール化した
自分らしさの見つけ方 無料メール講座はこちら

LINE登録にて自分にあった働き方診断もプレゼント中💎

音声で聞きたい方はこちら
スタンドFM配信中

働き方に悩んでいる方・迷っている方は是非、働き方診断
自分らしく働ける方法についてチェックしてみてください

提供中のメニューはこちら

 

昔書いた記事を発見して
確かになーと自分で勝手に納得したので
再度記事にしていきたいと思います。

 

目次

一流の人・二流の人・三流の人

皆さんは一流の人になりたいって思ったことはありますか??

その道のプロと呼ばれる人になりたいって思ったことは
きっと誰でも一度はあるのではないでしょうか?

そもそも一流とはなんなのかchatGPTに聞いてみました(便利)

一流の人は、自己肯定感があり、自信を持ちながらも謙虚さを持ち合わせ、
高い目標を持ち、努力を惜しまずに取り組む人です。二流の人は、努力はするけれども中途半端で、自信に欠けることがあります。
三流の人は、自己肯定感が低く、自己啓発や努力をせずに不満を抱えている人です。

なんとわかりやすい。
そして一流の人かっこいい○
一流の人になるコツについてはたくさんの方法があると思いますが
今回はこんな場面で一流なのか三流で終わるのか?が明らかになるよって話をしていきます

一流の人と三流の人の違いはここでわかる

ズバリ、何か注意を受けた時の反応で一流なのか、
二流なのか、三流なのかがわかる。
って会社を何社も経営している社長が言っていたから間違いない
大人になって、叱られたり、叱ったりする機会は
実はほとんどない。
特に事業主だと
全くと言っていい程ないのかもしれない。
叱られた時にどう思うか?で
器がわかるような気がする
3流は、反論、批判ガーン
2流は聞いてないガーン
1流は、受け止められるウインク
超一流は、感謝できるドキドキ
年齢を重ねるにつれ、
アドバイスをもらったり、
何か注意や指摘を受けた時に
素直に聞ける人はめちゃくちゃ貴重になってくる。
ネットの批判などは
顔も見えないから悪意のあるものなのか判断がつかないので
誰に言われたのかもとっても大事だけど、
なぜその人はそう言ったのか?
背景を考えたりすると、
ただ叱られた って思った事も実は思い込みだったって
気づける事もあるかもしれない。
私はコールセンターでクレーム処理のバイトをした事があるんですが、
クレームを言いたくてクレームを言っている方って本当に僅かで
(多分1%くらい)
ほとんどの方が、
その製品やサービスに期待していて
もっと良くなってほしいからわざわざ言ってくれている。
っていうのを研修で受けた思い出があり、
そのあと接客業を長くしてきましたが、
いつもそれを頭の片隅に置いています
人は誰しも嫌われたくないし、
変な人だと思われたくない。
だから、あえて厳しい事を言ってくれるのは
親切だと思う。
頭の片隅にあっても、
カチンと来る時はカチンと来るし、はいはーい と聞き流す事もあるので、
まだまだ私も三流だなーと思う今日この頃です。
わたなべ かおり
お仕事スタイル研究家
息子が2歳の時に仕事に復帰するも半年で挫折したのをキッカケにに、自分らしく働くことに目覚めて働きたいママのための団体を発足。 自分らしく働きながらゆとりを作るために1000冊以上の本を読み、100種以上のセミナーに参加して一万時間以上の投資をして、時間管理・優先順位の見える化・目標達成術を身に着けてきた。 それらの知見を講座化・仕組み化する事で1000人以上の自分らしく働きたい女性の相談を受けている。

実績 取材本 学研AENE掲載、奈良テレビ放送「ゆうドキ!」出演、 ラジオ多数出演、新聞やメディアには60社以上掲載されました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次