控えめに言って最高◎この冬おススメ「ブラックパンサー・ワガンダ・フォーエバー」ネタバレ含む

毎週土曜日はおススメ本の紹介。
年間150冊以上読んでいるわたなべの忘備録&
読んで学びになった本をご紹介するこの企画

今日は、本ではなく、先日公開されたブランクパンサーについて語ります。

 

お仕事スタイル研究家のわたなべかおりです。
自分らしく働きたい女性のための
時間管理・目標設定・ブランディング集客のサポート中

人気の有料の講座をそのままメール化した
自分らしさの見つけ方 無料メール講座はこちら

LINE登録にて自分にあった働き方診断もプレゼント中💎

音声で聞きたい方はこちら
スタンドFM配信中

働き方に悩んでいる方・迷っている方は是非、働き方診断
自分らしく働ける方法についてチェックしてみてください

提供中のメニューはこちら

目次

ちょっとだけネタバレ含みます

 

今日紹介するのは、

https://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther-wf

上映開始当日に行ってきました
ブラックパンサーのシリーズの二作目となるワガンダ・フォーエバー

控えめに言って、
最高!

アクション好きな人は、1話見てなくても楽しめること間違いなし◎

今までのMARVELシリーズで私の中で3位以内に入ります。

ちなみに他は、
ドクターストレンジ
ドクターストレンジの1作目は、超左脳人間だった医者のスティーブンが
魔術を信じ、自分の力を信じて知能と魔術で敵と戦うストーリー
とっても不思議な世界観で、人間の可能性が無限大なんだと感じさせられるストーリー

アイアンマンの1作目
この主人公 トニースタークが強さ=偉さみたいな感じで間違ったところから、
本物のヒーローになっていく様が人間ぽくていい◎

そして、
スパイダーマン ノーウェイホームと今回のブラックパンサー ワガンダフォーエバーが同率3位な感じ。

スパイダーマン ノーウェイホームも良かったんだよねー
以前観てきた感想はこちら↓

スパイダーマンに学ぶ【過去の後悔や過ちを浄化する方法】ネタバレ注意

今回のブラックパンサーの見どころは3つ

 

その1俳優さん不在問題

最初は、ブラックパンサー役の俳優さん


チャドウィック・ボーズマンさん
が2020年に亡くなってしまったので、
本人不在なのにどうやって引き継ぐの??というところ。

その2どうやって継承する?

1話で、ブラックパンサーの力を継承するために必要な
ハート型のハーブをライバルに燃やし尽くされてしまったので、
そのハーブがないのにどうやってブラックパンサーの力を継承するのか?

その3 ワガンダみたいな敵の出現

ブラックパンサーが守ってきたヴィブラニウムという新しい鉱石であり
エネルギー動力を持つ他の国が出現?!
核vs核のような戦争をどう乗り切るか?

などなど、チェックしてきました。

 

その1俳優さん不在問題について

一つ目の前作ブラックパンサーの俳優さんがいないのにどうやって?

ブラックパンサー役の俳優さん
チャドウィック・ボーズマンさん
が2020年にガンで亡くなってしまったので、
(最初コロナって聞いてたけど違ったらしい)

作中では、最初に謎の病に罹ってしまい、
妹の凄腕科学者のシュリの治療が間に合わず、
祖先の元に帰ってしまう(亡くなってしまう)ところからスタートします。
(↑この表現も歴史的な背景が含まれていていいよねー)

CGとかで出てくるのかと思ってましたが、
それもなく、回想シーンで1話のストーリーが流れる感じでした。

今回、どっちかというと、次のヒーローに引き継ぐための
つなぎ的な作品かと思って、実はあんまり期待しないで観に行ったのです。
(最近のMARVEL作品あんまりだったから…)
しかし、期待を大きく裏切ってくれたこの作品。

ちゃんと俳優さんや、先代ブラックパンサーをねぎらいつつ、
新しい可能性や次の展開まで考えられていました。

 

その3 ワガンダみたいな敵の出現について

1話でヴィブラニウムの力を世の中のために活かすのに、
世界に対してヴィブラニウムの力の存在を明らかにしてしまった今、
守護者として活躍してきたブラックパンサーが居なくなってしまった事で、
アメリカや欧米諸国などの色んな国が兵器に利用できる未知の資源を手に入れるために動き出します。

その中で開発されたヴィブラニウム探知機。
その探知機によって、ワガンダ以外のヴィブラニウム所有国が見つかってしまいます。

その名もタロカン王国

そもそも、ヴィブラニウムは宇宙から落ちてきた隕石であり、
ワガンダ以外には存在しないと思っていたが、
海底に国を構えるタロカン王国も同じヴィブラニウムの隕石を所有していた。

しかし、ワガンダがヴィブラニウムの存在を世界に公表した事で
タロカン王国のヴィブラニウムが見つけ出されてしまい、

その怒りの矛先は、ヴィブラニウム探知機の開発者と、世界に公表したワガンダに向かいます。

ヴィブラニウムと聞くと、映画の中の話ね。と思ってしまうけど、
石油や今、車が出来ない原因にもなっているパラジウム、レアメタル、
そして産出量が決まっている金、

他にも今は兵器としては活用されていないから豊富にあるけど、
兵器として使われ始めたら一気に希少価値の上がる資源は、きっとまだまだ出てくると思う。

ワガンダとかタロカン王国みたいに、秘密の多い国は世界中にまだまだあるし、
私たちに明らかにされていない希少な資源もあるんだと思う。

現に、アフリカのダイヤモンドを巡る戦争も起こっていたりする。

アフリカは今、豊富な資源をウリにして世界の企業を受け入れる体制を取っているけど、
それが果たしていい事につながるのか、どうか分からない。

未開の地で資源を守りながら豊かに暮らすタロカン王国のような
国や民族、集落など、きっとあると思う。

資源をどう使うか?どう扱っていくのか?資源を持つ国が意志を持ち、
コントロール出来る状況にしていかないと、
ただ搾取されて一族は安い賃金で働かされたりするだけに終わってしまう。

映画の大筋とはちょっと違うけど、
化学と、資源の持つ力や可能性、そしてそれを公にする事の是非について考えさせられる映画でした。

まとめ

 

それ以外にも、タロカン王国の首長ネイモアの国民を守る気持ち。
そして、それを知ったシュリがどう動いていくのか?

ハラハラドキドキしながら楽しめる作品でした。

 

ちなみに、
音楽がめちゃくちゃかっこよかった◎
サントラ出たら絶対買う!
それまでは、エンディング曲で流れていたAmazonのRihannaの『Lift Me Up』を聞いて凌ぎます。

という事で、
ブラックパンサーのシリーズの二作目となるワガンダ・フォーエバー

控えめに言って、
最高!

アクション好きな人は、1話見てなくても楽しめること間違いなし◎
是非この冬映画館で観てみてください。
私も2回目観に行こうー---っと

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次