フリーランスや起業など、
新しい女性の働き方がいろいろと提案されている中で、
・出産前の仕事へ復職した人
・出産を機に別の働き方を選択した人

それぞれの『理想と現実』そして解決策について語ります。

働き方に悩んでいる方・迷っている方は是非、働き方診断
自分らしく働ける方法についてチェックしてみてください


お仕事スタイル研究家のわたなべかおりです。
自分らしく働きたい女性のための
時間管理・目標設定・ブランディング集客のサポート中

LINE登録にて自分にあった働き方診断もプレゼント中💎

音声で聞きたい方はこちら
スタンドFM配信中

子どもが生まれてからも
仕事を続けるワーママは多いと思います。

ただ、仕事との両立に苦しむ人も少なくありません。

 

 

 

 

新しい女性の働き方がいろいろと提案されている中で、
・出産前の仕事へ復職した人
・出産を機に別の働き方を選択した人

そんなママたちに役立つお話を書いていきます。

 

今までの働くママの理想と現実はこちら

今回からはフリーランスママについてシリーズで迫っていきたいと思います。

 

そもそもフリーランスとは??

職種としては個人事業主や、自営の中の一つ。
会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。
Webデザイナーやイラストレーターやグラフィックデザイナー、
ITエンジニア、プログラマー、Webライターや編集、コピーライターの他、新聞記者や翻訳などなど

個人で仕事をしている人のことを指すことが多く、
自分の強みを活かして仕事を請け負いながら働いている人の総称です。

ママにとっては理想の働き方にちかいフリーランス。

子供が小さかった頃(15年前)にはほとんど出会うことがなかった仕事ですが、
最近、増えてきてますよね。

実態はどんな感じなのでしょうか???

現在の働き方

ちなみに、このブログが初めてという方に補足説明
私(わたなべかおり)は

自分らしく働きたい方のために、
ブランディングや、コンサル業、講師業だけでなく、
マーケティングの支援、体質改善サロンの運営、
イベント開催、アクセサリー販売などをこなしながら
田舎に暮らす1児の母

2021年に行った自分働き方改革(シエスタ制度)のおかげで
それまでの労働時間平均70時間を
収入を下げることなく、半分以下の30時間程度に抑えることに成功◎

私自身も、自分で仕事している部分と、
フリーランス的な働き方をしている

シエスタ制度についてはこちら

 

フリーランスの光の部分

その1人間関係のストレスが激減!

 

 

 

 

ワーママさんからフリーランスに転職?転身した方が、
口を揃えていうのはこのセリフ

お昼休みとかに誰かの愚痴を聞いたりしなくてもいいし、
苦手な上司がいても、距離を取りやすくなる◎
(フリーランスはほとんど業務委託だからそもそも上司はいないんだけど
苦手なクライアントとかはいるよねー)

 

その2 時間の融通が利くから子供の予定に合わせやすい

 

 

 

 

これもメリットオブメリットの一つ!
締め切りさえ守っていれば、自分の裁量で働けるので、
仕事さえできていれば、休日に働こうが、平日に休もうが、
夜中に働こうが、早朝に働こうが、自由!(仕事にもよるけど)

子供の参観日に合わせて休むこともできるし、
子供が熱が出ても、自分が体調が悪くても、
締め切りさえ大丈夫であれば休みや働く時間を合わせられることも
大きなメリットです。

その3 仕事によっては場所も選ばない

 

 

 

 

私自身も、自分で仕事している部分と、
フリーランス的な働き方をしている部分があるのでめちゃくちゃ実感しているのが、
カフェで仕事しようが、
家で仕事しようが自由!
自分のモチベーションが上がる環境で仕事することができます。

その4 頑張れば収入アップ!

これは仕事や働き方にもよりますが、
会社員の頃よりも仕事量が減るのに、収入が上がる人が多いのではないでしょうか??

もちろん初めの慣れない頃は全部自分で完結しないといけないので、
会社員の頃よりも仕事時間は長くなるかもしれませんが、
慣れて来たり、取引先が安定してくるようになると
時間給がアップする方が多いのではないでしょうか??

まとめ

 

 

 

 

 

ママにとって働き方の選択肢になっている
フリーランスという働き方

今回はメリットにフォーカスしてお話ししてきました。

 

今までに上げたメリットを総称すると、
自由

この一言につきます。

会社員に比べて
時間や、働き方、収入や、休日、働く場所など、
全部自分で決められます。

もちろん自由だからこそのデメリットもあるので、
次回語っていきたいと思います。