以前も紹介しましたが、

よく考えたらその時は

庵野監督のエヴァンゲリオンの公開延期を

支えた話しか書いていなかった…

という事で、改めてご紹介。

 

おしゃれ漫画家の代表といえば、

ご近所物語とかNANAでお馴染みの矢沢あいさんと今回紹介する安野モヨコさん!!!


 

美人画報 (講談社文庫) | 安野 モヨコ |本 | 通販 | Amazon

 

もう絶版なのか???
古本しかないのかも…

 

おしゃれしたい時、
美意識を高めたい時にめちゃくちゃ重宝しています。

しかも、この本のエッセイの連載が始まったのが1998年。

今より20年以上前!!!!
なのに色あせない感じ。

マジですごい!!!
おしゃれ美容って時代関係ないの???
って疑問を持つくらい。
今見ても十分に美容のバイブル本として機能している。

もちろん服のレポートはちょっと懐かしい感じもするけど
言ってることは今でも十分頷けることばっかり。

この本の序章に

美人は、綺麗なモノを集めて、綺麗なモノで自分の心を満たしている。

っていう話があるんですが、
もう、まさに!!!!って感じ。

私も、安野モヨコさん派で、面白いものしか目に入っていなかった…

美しいものに対するアンテナがめっちゃ低かった…
もう、目線からして美人は違うのね!って思っちゃった。

この本のいいところは、それに対して愕然とされないというところ。

ちょっと自虐も入りつつ、
でも美に対する諦めは無くて、頑張ろうと励んでいる安野モヨコさんの姿勢に
励まされる作品となっております。

他にもハイパーとかワンダーとか出ているから、そちらもまた
また、レポートしていきます。