100万人に一人の存在になる方法【出来るオトナに近づく読書】

毎週土曜日はおススメ本の紹介。
年間150冊以上読んでいるわたなべの忘備録&
読んで学びになった本をご紹介するこの企画本日は100人に一人の逸材ではなく
100万人に一人の逸材になる方法について

 

100万人に一人の人材になる??
そもそも
100万人に一人ってどんなレベルかというと

オリンピックのメダルを獲った選手くらい貴重な存在だそう。

 

オリンピック選手なんて知り合いにいないレベル…

オリンピックにも出場された体操の廣田選手のお母さまなら
以前、こちらのイベントに出ていただきましたが、
親子で人生をその競技にかけてきた人だというイメージだった。

そんなすごい人になれる方法があるなんて興味ある!
という事でこちらを読みました。


https://www.diamond.co.jp/book/9784478109465.html

ザックり要約すると、

 

3つのキャリアを経験して、その掛け算で希少性を獲得し、100万人に1人の存在になろう!!

 

という話。
100万人に一人の存在になるためには
100人に1人の存在になる×3回をかけ合わせる事で
理論上では100万人の一人の存在になれてしまうそう。

その道のプロになってから
×違う道も極めて
×それらをかけ合わせる事で唯一無二になれる方法

を書いている。

 

確かに
マーケティングの方法の中には
市場をずらす という手法があり、
これで売れるようになった商品は数知れず…

そんなかんじで市場をずらしたらヒット標品が生まれたり、
100万人に一人の存在になれるという事である。

今回はいきなり最初を飛ばして、
最後の章に書かれている原則の中でも
印象に残ったこと3つを紹介していく。

目次

原則1
まずファーストキャッシュは場数を踏ませてくれるところに滑り込め


最初はまず100人に一人の存在になるところから、私たちは
1つの仕事をマスターするのに、一般的に1万時間かかると言われています。
やはりその道のプロになるには、大体5年から10年かかるんですね。

この時に減速のように場数を多く踏ませてもらえる会社だと5年でプロになれるし
あんまり現場に立てない状態だと10年かかってしまうという事ですね。

何故なら量をこなすことが大事だから

 

原則3
自分自身の時間割をリストラせよ


副業・起業をしていく為に自分の時間を確保する必要がある。
自分の時給を知り、それに見合う行動に変えていく為に外注したり、
タクシーを使って、早く帰れるお陰でストレスもなくなり、
家族といい関係が築けたり、考える時間が出来て新しいアイディアが
生まれることだってある。
さらに、これを習慣化していくと
時間をさらに効率的に使えるようになる
時間がタダでない事が分かるからである。

これについてはもーーーっと語りたいので
是非また書いていきたいと思う。

原則6
年収を広げようとしない、むしろ自分を安売りせよ


これは、未知のチャレンジの方が自分を育ててくれるから、
いろんなチャレンジをして2つ目3つ目キャリアを積むポジションを
見つけていく為に食わず嫌いせずにたくさんチャレンジする必要がある。

なんでもいいから5年とか10年続けるのは無謀なので
何かあたりをつけるために色んなことにチャレンジしてみて
自分に何が求められているか
自分は何が提供できるか見つめるきっかけにもなる。

 

 

それ以降の原則については
女性躍進の事だったり、地方の立ち位置の事だったりするので
詳しく知りたい方は本を読んでください。

5年~10年かけてプロになり、
それをさらにかけ合わせていく事で
100万人に一人の存在になれるという今回の方法。

これだけ読むと

『はー最低15年はかかるのか…』

という声も聞こえてきそうですが、
大丈夫!!!

子育てや介護だって立派なキャリア!!

あと趣味とかもキャリアに繋がるものにもなる。

私も当てはめてみたら

・アパレル(バイト入れたら7年)
・イベント主催(10年)、
・サロン経営(7年)
・キャリア関連の相談(7年)
・服やアクセサリー作り(通算10年以上)
・経営やマーケティングのお勉強(通算8年くらい)
・結婚生活(17年)
・育児(14年)

書いてみたら思ったよりあった!!!
これにダイエット歴とかも書いちゃったりしたら
もっとすごいことになると思う。

どれも1万時間くらいやってる気がするから
棚卸してみて、そこから3つ目のキャリアが必要だったら
追加していけばいいし、
その中から3つを選んでしまってもいいかもしれない。

ちなみに、
現在は

この二つを軸にして
・イベント主催(10年)、
(・サロン経営(7年))
×
・キャリア関連の相談(7年)
×
・経営やマーケティングのお勉強(通算8年くらい)

をかけ合わせてきているんだと思う。

全然違うことやっていると思われがちだけど、
これは100万人に一人の人材になるための
道だったのね!!

という事で、
意外に100万人に一人には頑張ったらなれちゃうかもしれない。

 

◆出来るオトナに近づく習慣 No241

100万人に一人の人材になるには
その道のプロと呼ばれる
まずは100人に一人の人材になる事から!!!

わたなべ かおり
お仕事スタイル研究家
息子が2歳の時に仕事に復帰するも半年で挫折したのをキッカケにに、自分らしく働くことに目覚めて働きたいママのための団体を発足。 自分らしく働きながらゆとりを作るために1000冊以上の本を読み、100種以上のセミナーに参加して一万時間以上の投資をして、時間管理・優先順位の見える化・目標達成術を身に着けてきた。 それらの知見を講座化・仕組み化する事で1000人以上の自分らしく働きたい女性の相談を受けている。

実績 取材本 学研AENE掲載、奈良テレビ放送「ゆうドキ!」出演、 ラジオ多数出演、新聞やメディアには60社以上掲載されました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次