クリエイタータイプのあなたが陥りがちな課題とは?あなたに合った働き方診断①2日目

お仕事スタイル研究家のわたなべかおりです。

昨日のメッセージでは、
あなたに合った働き方のカテゴリーを
お知らせしていきました。

今回は、さらに具体的な
おすすめの働き方や役割、
陥りがちな課題・注意点についてお伝えしていきます。

アイディアの力で様々な問題を解決していく、クリエイタータイプ
そんなあなたにオススメな働き方は…

ズバリ、0から1を作り出す働き方!!

✔デザイナー
✔オリジナルメニューを持つ起業家
✔ハンドメイド作家(オリジナルコンテンツ)
✔イベントプランナー

などの働き方がオススメです!

ただし、多才ゆえに器用貧乏になりがち。

技術や専門知識がある方が多く、
職人気質で、集客が苦手な方も多い印象で、
届けたい方に届かない事って本当に多いんです。

特に専門性の強い仕事であればあるほど
その傾向が強く出てきます。

また
0から1を生み出すタイプの方に多いのは
アイディアがポンポンと沸いてくるので、
物事をある程度の形にできると満足してしまい、
結果が出る前に諦めてしまうことも…(飽きてしまう…)

これって、すごくもったいなーい!!

 

新しいことに興味を持ち
何でもある程度できるがゆえに
エネルギーが分散しがち。

どこに注力するのか
見定める必要がある方も多いのではないでしょうか?

 

会社の8割の売上を作るのは、たった2割の社員。
と、いう話を聞いたことはありませんか??

2割の要素が、全体の8割のものを生み出している。
このことって実は、世の中のあらゆる事柄に当てはまっていたりします。

「大事な2割」に焦点を当てるために。

時間・お金・労力をかけているにも関わらず、
実は生産性も幸福度も上がっていないことを探し、
手放していく必要があるのです。

誰もが、自分の思った通りの人生を
生きたいと願っているもの。

しかし、実際に自分らしい働き方を見つけている人は
どのくらいいるのでしょう。

 

明日は、そんなあなたにピッタリな解決策である

〇〇を見つけて優先順位を見定めて
今のコンテンツや働き方を
さらにブラッシュアップにつなげる対策を
ご紹介しますね!

 

本日も読んでいただきありがとうございます。

わたなべ かおり
お仕事スタイル研究家
息子が2歳の時に仕事に復帰するも半年で挫折したのをキッカケにに、自分らしく働くことに目覚めて働きたいママのための団体を発足。 自分らしく働きながらゆとりを作るために1000冊以上の本を読み、100種以上のセミナーに参加して一万時間以上の投資をして、時間管理・優先順位の見える化・目標達成術を身に着けてきた。 それらの知見を講座化・仕組み化する事で1000人以上の自分らしく働きたい女性の相談を受けている。

実績 取材本 学研AENE掲載、奈良テレビ放送「ゆうドキ!」出演、 ラジオ多数出演、新聞やメディアには60社以上掲載されました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次