エステティシャンへのきっかけ
私がエステティシャンになろうと学校に通い始めたのは次男が1歳になった頃で、ちょうど東日本大震災があった直後でした。
元々興味はあったものの、なんとなく自分には遠い存在な気がして諦めていました。
しかし、子どもが産まれてから社会に出て働くことの難しさを実感して、でも何かやりたいと思っていた時にたまたまスクール生募集のチラシを見て受けてみようと思いました。
そして説明当日の先生のお話しを聞いて絶対にエステティシャンになる!と決めました。
先生は東日本大震災後に被災地へ行き、ボランティアでマッサージをされていたそうです。
避難生活で精神的にも肉体的にも相当な疲労が溜まっている被災者の方々に直に触れ、マッサージをすることで体の疲れだけでなく気持ちもほぐれ、みなさん涙を流して喜んで下さったそうです。
「エステは手さえあればできます。だからどんな時もどこででもできます。本当に持っていてよかったと思えるスキルなんですよ。」とお話しされていました。
それまではなんとなく華やかなイメージに憧れていただけでしたが、そのお話しを聞いてエステティシャンが人に与えることのできる深さを感じました。
本当に心の底から喜んでもらえるエステティシャンになろう!と思いました。
次回は、今取り入れているメニューの紹介と、今回の内容とも少し関連して「皮脳同根」という考え方について書いていきたいと思います♪

20131111-090448.jpg
佐藤暖子
毎週月曜日担当
錦糸町のキラキラママプロデュースsalonと新宿salonのエステティシャンをしています。
4歳と5歳の2人の息子のママ。 美肌、痩身、バストアップが得意技。
施術力はもちろんですが、また会いたい、またあの人の施術を受けたいと思って頂けるサロンを目指しています。
テーマ
サロン運営について、サロンの作り方、美肌や痩身、バストアップについて、美意識の上がる内容やイベント、オススメ製品、最新美容情報などを毎週書いて行きます♪