わたなべかおり
わたなべかおり
今回は東京卍リベンジャーズには
人生に大事なある学びが
めちゃくちゃつまりまくっているよって言う話です。

自分らしく働きたい女性のための
時間管理・目標達成・ブランディング集客のサポートをしています。
お仕事スタイル研究家のわたなべかおりです。

最近、見たい映画が多すぎて
毎週のように映画館行ってるんですが、
今回も、好きだった漫画がアニメ化と映画化されたもの

最近は、実写化されて残念に思うものって少なくて
(進撃の巨人以外)
映画は映画の良さがあるから、二度美味しい感じがありますよね。

こちらのリベンジャーズは、俳優さん選びがすごくイイ◎◎◎

みんな漫画そのもの!!!

ドラケン役 (弁髪の刺青入った方)を演じる山田裕貴さんなんて
ドラケそのものでかっこ良すぎた!!!

マイキー役の吉沢亮も激似!!

内容は漫画をぎゅっと短くした感じ+みんな高校生の設定だった。
さずがに中学生で暴走族は現実離れがすごいのかも。
もしくは悪影響なのかも?

続きがあるような布石はたくさんあったから
希咲哲太とかなんで出てきたのか不明な感じの登場シーンが
いくつかあったし、
半間さんとか何も出番ないのにいたりしたし、
続編が楽しみ!!!

読んでいない方のために、あらすじをお伝えすると

現実の主人公 タケミチは、中学(高校)で
最悪の相手に喧嘩をうったばっかりに、
そのあとは奴隷のような日々を過ごし、
地元を逃げてからも仕事もうまくいかずに生きてきた
ダメダメフリーターだった。

元彼女の悲報と、自身の事故により
過去に戻れることになり、
人生のリベンジをはかる!!!

というストーリー

テーマは
もし、過去に戻れることができたら、
譲れないものを守るためにどこまで戦えますか??
どこまで仲間を守れますか?
というような感じ。

 

子供の頃大事だったものがもし、取り返せるなら
今の選択で人生がこう変わるってわかっていたら
どう動くか??を描いています。

これだけ見るとただの熱血系不良漫画だし、

主人公のタケミチは過去からやり直せるし、
そこまでひどくグレたりしてないから漫画の中の話じゃん。
て、
自分とは関係ない話と思っちゃう方
普通に漫画が面白くてはまっている方も多いと思うんですが、

私にはタイムマネジメントの考えがぎゅっと詰まっている作品に
見えちゃうんです。

作品では主人公が過去に行って何か行動に起こすことにより
今の時代の選択で人生がこう変わるって予測しながら
ベストな未来に向かって行動を諦めない様子を描いています。

これって、過去に戻れない私たちでも
未来を予測して動いたらベストな未来になるんじゃないかな。と思うんです。

例えば、過去の⚪︎⚪︎があったから今の自分がある。
と思える出来事ってたくさんあると思うんですね。

有名な言葉に

人生は選択の連続である

byシェイクスピア

というのがあるのでみなさん聞いたことあると思いますが、
まさに自分の選択の積み重ねで、人生は作られます。

誰かに強制されたように感じることも
実は強制されることを選んでいたのは自分の選択だったりします。

映画でも、主人公は奴隷になるよりも
戦う選択をして運命が変わりました。
(たまたまラッキーが重なったのももちろんあるけど)

人生の積み重ねっていうと
たいそうに聞こえますが、
今の体重は過去の食生活・運動習慣で作られています。
痩せたいのに食べることを半年間選択し続けていたら???

どんな未来・どんな体型になるか、想像できると思います。

 

しかし、その時疲れていて判断能力を失っていたり、
めんどくさくなって悪い方を選んでしまったり、
そんな時もあります。

でも、負け続けたら結果は明らか…

でも、毎回誘惑や楽な選択に勝てない…

人間だもの…

って思っちゃう。

 

しかし、リベンジャーズでは、
逃げたい方の選択ではなく、
かっこいい方の選択を選ぶと
未来はいい方向に向かいます。

もちろん一つのことだけで
ベストの結果が出ないから
主人公は何回も過去にリベンジしに行きます。

まさに、選択の積み重ね!!!

全部をベストな選択&めんどくさい選択にするのは
至難の技かもしれません。

しかし、10回のうち半分は頑張ってみようかな。
とか

10回のうち7割は頑張ってみようかな。とか

いい選択を多くする意識を向けるだけでも
きっとベストな未来に近づけるはず。

 

と、いうことで、
ベストな未来に向かって今日もお仕事頑張っちゃうぞー

◆出来るオトナに近づく習慣 NO232

人生にリベンジしたいならば、
ベストな未来につながる選択をし続けるだけ。

過去に戻れなくても未来は作れる