わたなべかおり
わたなべかおり

どうしても叶えたい!けどなかなか上手くいかない夢ややりたい事。

今日はなかなか進まなかった事業計画が

ある事をしたら、簡単に叶った例についてお話します。

 

やりたい!と思ってもやれなかった事

諦めきれなくて一生懸命取り組んでいるけど

なかなか進んでいかない事

 

みなさんは感じた事はありますか??

 

予算の関係で出来なかったり、

人の関係で出来なくなったり、

労力が莫大すぎてハナから諦めてしまったり…

 

 

最後のハナから諦めてしまえた事なら、

わざわざほじくり返す必要はないんですが、

諦めたいけど諦められない事。

上手くいかせたいのに大きな課題があって

なかなか進まない事。

ってありませんか??

 

私にとってはデザイナーがそれでした。

今年の冬からまた、デザイン関連は手をつけていきたいのですが、

ある時はデザイナーになれなかった自分は

負け犬だ‼️って思うような時期がありました。

 

イベントや企画がうまく行っていても、

どこか引っかかる…

なんだか今、デザインに関わる事をしていない事が

ダメだって思う時期もありました。

 

 

 

ある時、強みの話の中に、

強みとは、押さえつけようと思っても

抑えきれないものである。

って聞いちゃったんです。

 

それをキッカケに、

デザインの事が自分の強みであるならば、

 

やりたい事は50歳や60歳になってからでも

やったらいいじゃん。

今、目の前のことに集中していれば

糧になるよね。

 

 

捨てられない想いは捨てなくても良い◎

思う存分気にして

温めていれば、

違う形で叶えられたり、

 

違う道が開けたりするし、

 

後ろ髪引かれながら必要とされている事に

取り組むのもなんか違うし、

 

やりたい事だから!と、今取り組んでいる事を捨てるのも

なんか違う。

 

だから、

一旦、置いておく。

って言う答えを出した事があります。

 

 

結局、その答えにたどり着いたくらいの時に、

私の場合は、

デザインの仕事でやりたかったのは、

服を通して

その人の人生の晴れ舞台に関わる事!

だったので、

デザインの仕事でやりたかった事って

イベントでも充分叶えられているよね。

 

なんなら、コンサルとか相談でも

充分叶えられてるよね。

 

って事に気付いて、随分と気持ちが楽に

なった記憶がある。

 

デザインで関わるか、

カウンセリングやイベントの企画を通して関わるか?

手段の違いなだけだった。

 

 

しかし、それに気付くのに

5年近くかかってしまった。

 

 

自分では、その手段が出来なければダメだ!って

考えちゃって悩んでるけど

側から見たら

出来てるじゃん‼️て事、

実はよくあると思う。

 

 

先日も同じような人の話がありました。

 

将来はカフェを開業したいという方の

お話を聞いたのですが、

よくよく聞いたら

カフェという形式ではなくて

イベントだったり、コラボする事で

解決するんじゃない??

って事がありました。

 

その方が悩んでいたのは3年間。

 

私と話して、違う道もあるよね!って気付いたのは

30分くらい。

 

私のカウンセリング力がすごいとか

そういうのではなくて

 

 

自分の枠で考えるのと、

他の人の枠で考えるのでは、

見方が全然違うという事。

 

 

 

見方を変える とはリフレーミングといって

コーチングだとかの基礎にもなる。

 

 

見方が変わると、

○○でなくてはいけない!!って執着になってしまっている部分が解けるキッカケになりやすい。

 

何が気になるのか?要素を抜き出してみて

その部分を抽象化してまた、具体的にすると

何通りもの見方や手段が出てくる。

 

 

 

簡単に抽象化するコツをお伝えすると、

 

①○○になりたい!○○をやりたい!

という願望が出てきたら

 

②なぜそれをやらないといけないのか?

理由を考える。

 

③その理由を叶えるために

出来る事は何なのか?を考える

 

④そうすると、大抵の場合、

○○じゃなくても叶う事が判明する。

 

先程の例だと

カフェ しか本人はピッタリだと思えなくて

3年間は、カフェの開業資金貯めるために

やりたくない仕事したりしていたんですが、

そんな事しなくても

他の手段で夢はもっと簡単に叶えられる。

 

 

本人的には最大の課題はお金だ!って

思っていたけど、

本当の課題はお金ではなく、

①自分の想いに共感してもらうサポーターを

見つける事だったり、

 

②価値観の洗い出しや、

③抽象化して本当に必要な行動を考えること。

 

④目標がぶれないように定期的に相談できる場所を見つける事

(お仕事スタイル研究会とか、コーチングとか)

などなど

必要な学びや、行動、サポートしてくれる人が

全然違ってくる。

 

むしろ、今まで3年間なんだったの??

って本人も嘆いていたくらい。

 

一生懸命、真っ直ぐ進める事はすごく素敵なことだけど

一生懸命だから故に、他の選択肢に気付かない事って

私にももちろんあるし、

意外にあるあるなんじゃないだろうか??

 

 

夢を小さくしろ!という事ではなくて、

本当の願いを叶える事を優先したら、

もっと楽になるかもよ。

というパターンがかなり多い。

 

真面目な人ほど、手段に固執してしまいやすい。

○○出なければいけない事って

実はすごーく少なかったりする。

 

あなたも、煮詰まっている事、

実は気がかりになっている事、

諦めたいけど諦めきれない事

 

などなどあれば、

見方を変える。手段を変えてみる。

 

も視野に入れてみてはいかがでしょうか??

 

 

◆出来るオトナに近づく習慣 226

見方を変えると世界が広がる

自分の枠では行き詰まる事も

違う枠から見たらカンタンに解決出来る事も

たーくさんある。

色んな選択肢を集めて本当に叶えたい事を叶えていこう‼️