人生を24時間で例えてみると??
って考えた事はありますか?

人生を24時間で例えてみたら、
やばっ!ってなったので今日はその話

 

 

ブログ仲間のコアファン作りの山根さんのブログをみていて

https://corefan-business.com/blog/413/?fbclid=IwAR2XZ-ceH4sENiTKjNTi2Engub-I92kMm7LGkh_ju7vwdfDSLGsQ_FEWWK8

もし

人生を24時間の時計だとすると

41歳の私は12:05を過ぎたところです。

 

という内容を発見。

 

 

そういえば、1日を24時間に例えるって話は

どこかでも聞いたことある。

調べてみたら、

人生時計

という考え方らしく、

 

スフィンクスが言った有名な謎かけ

「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足、この生き物はなあに?」

これも

人間の一生を1日に例えたものだそう。

 

1番簡単に自分が何時くらいか、

計算するには、年齢を3で割ると

出てくるらしい。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、私は39歳なので

13時

まさにお昼真っ盛り‼️

 

ご飯食べようかな、

ご飯食べた後は眠くなるかなー

という感じの時間で、

まだまだ働き盛りな時間である。

 

シエスタとか言ってられない(笑)

シエスタについてはこちら

https://kirakiramamanokai.com/2464.html

 

もう忙しいから、

年内はマーケティング関連の仕事取らないよ。

とか言ってられない。

13時なら働け!

という感じ。

 

お昼寝して、

夕方に罪悪感にさいなまれるか、

いっぱい仕事をこなして、

晴れやかな気持ちで

夕方を迎えるか?!

まさに1日の中でも別れ目な時間帯。

 

 

たしかに、

少し上の先輩達を見ていても、

仕事や仕事以外にも

やるべき時に

やるべき事をやった人は

45歳過ぎてから

(人生時計で言うと15時くらい)

なんか豊か。

 

お金だけじゃなく、

人や仕事に恵まれる人もいれば、

趣味に忙しい人もいるし、

なんか豊かな人は豊か。

 

焦ってる人はめちゃ焦る年代。

まさに二極化してる世代なのかなぁ。

そういえば、

こちらでも50代は中年の危機真っ盛りって書いてました。

https://kirakiramamanokai.com/2216.html

ちなみに、50歳になっても

まだ16時だから

50歳(17時前)から

55歳(18時30分くらい)

までは

もうひと頑張りして、

何かを形にできるんじゃないかな。

 

そして、

19時以降は(57歳から)

家族とのんびりしたり、

自分の学びの時間に使ったり、

豊かに時間を使って、

24時くらい(72歳)に人生終盤戦に入っていく感じがいい。

 

そのためにも、

ダラダラ仕事したり、お昼寝しちゃって

夕方に罪悪感にさいなまれるか、

いっぱい仕事をこなして、

晴れやかな気持ちで夕方を迎えるか?!

 

まさに別れ目‼️

(大事な事なので2回言いました(笑))

 

 

 

 

昨日、ちょうど

今年は仕事もう受け入れられないわ!って

話してたところだったのでタイムリーな話題でした。

 

仕組みとやり方見直して

シエスタはしっかり取るけど

お昼寝はしないで(笑)頑張りたいと思います。

 

◆出来るオトナに近づく習慣 No253

人生を24時間に例えてみたら、

人生設計と理想の一日の過ごし方が

見えてくる

どこで休むか決めておくと

どこに力を入れたらいいか

見えてくる